ツムラ防風通聖散62番の飲み方、3つのポイント!

ツムラ防風通聖散62番の飲み方、3つのポイント!効果的ダイエット

 

ツムラ防風通聖散62番を手に入れたら、早速飲みたい!
ところですが、ちょっと待った。防風通聖散はお薬なので、間違った飲み方をしてしまうと思わぬ副作用に見舞われる危険があります。

 

量と1日の回数を守って正しく飲みましょう。

 

 

飲むタイミングはいつ?

防風通聖散が一番効くのは空腹時です。
食前(ごはんの30分くらい前)や、食間(食事と食事の間)が効果的です。

 

ちなみに、「食間」というのは、食事中という意味ではありません。例えば朝ごはんと昼ごはんの間が食間、なので食事の2時間後くらいが良いですね。

 

飲み忘れたらどうすれば?

大体の薬は食後なので漢方薬はけっこう飲み忘れがちになります。
飲み忘れたらじゃあ次の空腹時まで飲めないか?と言うとそうではありません。

 

飲み忘れた場合は、食後に飲んでも良いです。結局いつ飲んでも良いと言う話になってしまいますが、飲み忘れてそのままになるよりは食後にでも飲んだ方が効果は上がります

 

 

1日量は?

普通に成人なら、1日量は7.5gとされています。ツムラ公式サイトでは2〜3回とされていますが、

 

 

この1包で2.5gですので、正直、1日2回では非常に飲みにくいです。
朝昼晩の1日3回で1包ずつが最適でしょう。

 

ちなみに、食事が不規則な方で、食事が2回しかない。。。という方でも食事の回数にかかわらず、1日3回飲みます。

 

 

やっぱり水が良いの?

なるべく白湯で飲むのがおすすめです。白湯と言うのは別に熱いお湯でなくても OK です。
水なら常温、白湯なら 人肌より少し高いぐらいがベストな様です。

 

お茶やジュースなどと飲むと、生薬成分と反応して効果が落ちてしまう恐れがあるのでやめましょう。

 

 

飲み方のまとめ

 

食事30分前の空腹時に飲む

 

1日3回1包ずつ

 

白湯か水で飲む

 

以上の3つのポイントを意識して飲めば、体への安全性も高いですし、ダイエット効果も上がります。

 

ちなみに、ツムラの防風通聖散は病院でしか手に入りません。
防風通聖散をよく知らない方、まだ購入していないという方は安くてコスパの良い防風通聖散があるのでご覧ください。

 

各社防風通聖散の比較表